--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-05-06

GW特別企画~7つの心理物語~

GW期間限定!7つのショートストーリー!
なんだかちょっぴり切なくって心動かされる、そんな深層心理を刺激する物語をお届けします。
連休最後の日いかがお過ごしでしょう?さていよいよ最終話です。

『ありがとう』『ごめん』『大好き』『いってらっしゃい』『さようなら』『辛かったんだね~』

人と人がコミュニケーションを取る時、そこには言葉があります。
しかし言葉そのものは、心の内容によって伝わり方や意味が変わってくるのを、今回の物語で知っていただけたかと思います。

さて最後の物語は・・・

第7話 『愛してる』

「お前さ~好きな子とかいないの?」
「何だよ急に」
「いや~実はさ~俺できちゃったんだよね~好きな子」
「へ~誰だよ」
「バイト先の子なんだけどね~なんかメッチャ愛しちゃってるんだよね~」
「クックックック~キショお前が愛してるって!」
「笑うなよ、真剣なんだから」
「はいはいはい、良かったじゃん告ってみれば!」

それから数年後、僕はその彼女と大恋愛の末、結婚して幸せな家庭を築いた
子供にも恵まれ、仕事も順調、彼女も幸せだと言っている。
だけど・・・
あの頃の【愛してる】じゃない僕がいる。
別に夫婦なんだし、夫婦愛に変わっていったと言えば、それでいいのかもしれない。
大切な存在であることには変わらないし、他の女性に興味があるわけでもない。

『愛するって何だ・・・?』



「最近、告白されちゃって・・・」
「えっ誰、誰、もう~いつの間に、信じらんな~い」
「ほら前話したバイト先の・・・」
「えっアイツ、あんたのことジロジロ見てきてるっていうやつ」
「そうそう、でも満更でもないんだよね~」
「隅に置けないな~あんただけ先に見つけちゃうなんて」
「そんなことないよ、まだ付き合うって決めたわけじゃないし・・・」
「なになに~愛しちゃってんの?実は」
「もうやめてよ~恥ずかしいから・・・」

それから数年後、わたしはその彼と大恋愛の末、結婚して幸せな家庭を築いた
子供にも恵まれ、理想通りと言ってもいいくらいだ。彼も幸せだと言っている。
だけど・・・
あの頃の【愛してる】じゃないわたしがいる。
別に夫婦なんだし、夫婦愛に変わっていったと言えば、それでいいのかもしれない。
大切な存在であることには変わらないし、他に何がしたいというわけでもない。

『愛するって何・・・?』



「は~い、それじゃあみんな今日は家族の絵を書いてくださいね~」
「は~い」
「先生、愛し合ってるってなんですか~?」
「んっ・・・!どうして?」
「だってうちのパパとママが家族は愛し合っているから家族なんだよって言ってました~」
「そうか~きっとパパもママも、あなたのことが大好きなんだよ~って事だよ~」
「そっか~あたしもパパとママ大好き~愛し合ってる~」

そんな時もあったな~、わたしは小さかった頃を思い出していた。
高校生となった今、ハッキリ言ってパパもママもウザいし面倒くさい。
だけど・・・別に感謝してるし、嫌いなわけじゃないけど・・・ちょっと口うるさいかな?
あの頃の【愛してる】じゃないわたしがいる。
別にもう大人だし、そりゃ~子供みたいに単純じゃなくなるのは当り前じゃない。
大切な存在であることには変わらないし、私の人生はこれからだし。
でも・・・
『愛するって何だろう・・・?』



「どうぞ、ここ座って下さい。」
「あら、お優しいこと・・・すいません。」
「いえいえ僕らは次の駅で降りますから」
久々に家族で休日に出かけた帰りの電車の中で、お婆さんに席を譲った。
すると妻も立ち上がり僕につかまった。
するとすると携帯でゲームをしていた娘まで立ち上がり吊革につかまった。
僕の顔から笑みがこぼれる・・・
席を譲ったお婆さんもニコニコしている。

電車が駅についた。
降りる瞬間、僕はお婆さんに「ありがとうございます」と小声で声をかけた。
お婆さんにとっては「はて・・・何のことやら・・・」という思いだろうが、僕はお婆さんにお礼を言わずにはいられなかった。

愛し合うってこういうことか!

僕は確信した。

今でも僕は君たちを『愛している』



マインドサポート各種セミナー・心理カウンセラーメンタルコーチ養成講座
カウンセリング・コーチングのお問い合せ・お申込み・詳細ホームページ
スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。