--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-03-23

親切と迷惑の狭間

先日こんな場面に遭遇しました。

電車の床に寝ている人がいます。

100%酔っ払いです。

当然の如く、わたくしも含め誰も声をかけません。

そこへ、おばちゃんが近寄り声をかけます。
「ここ電車ですよ~どこまで行くのですか~」

周りの人間にも同調を求めながら・・・

酔っ払いは寝ています。

ピクリともしません。

更にそのおばちゃんは次の駅で駅員を呼びに行きます。

当然電車は止まります。

駅員、初めは優しく「お客さん大丈夫ですか~」

起きません・・・

駅員の声が強まります。

「お客さん席に座るか、この駅で降りてもらうことになりますよ~」

しぶしぶ酔っぱらいが起きます。

すると・・・

いきなり酔っぱらいは駅員に喧嘩を吹っ掛けます。

「テメーこのヤロ~なに喧嘩売ってきてんだ~今の言い方はね~だろ!」

意味が分かりません・・・。

おばちゃんも取り乱します。

「ごめんなさい駅員さんは悪くないのよ、ただあなたが降りる駅が過ぎちゃってるとかわいそうだから・・・」

駅員が一人また一人と増えていき

酔っぱらいの怒声と駅員の制止する声と、おばちゃんの混乱した声が深夜のホームに鳴り響きます。

深夜23時過ぎ終電も間近いこの時間・・・

当然電車は発車できません。

後続車も、もちろん止まっているでしょう。


『おばちゃんがお節介なことしなければ・・・』

わたくしも含めほとんどの人が正直そう思っていたでしょう。


親切?優しさ?

誰が迷惑行為?


難しい問題です。

確かに酔っぱらいが車内の床で寝ていることは迷惑です。
混雑時間帯に疲れている人が多い中、空いているけど座れない席が出ますし、その分他の車両も混雑します。
しかしそれ以上に電車が長い時間止まってしまうことの方が迷惑です。
おばちゃんが声さえかけなければ、その酔っぱらいは終点まで行き、自分で何とかしたでしょう。
酔っぱらい自身の責任を、おばちゃんが取ろうとしたことで、起こった問題です。

でも・・・

なんか冷たい感じもする・・・というのも正直な気持ちです。
誰も声をかけない・・・
酔っぱらいとはいえ、そこには人情のかけらも感じない・・・

難しい問題です。



本気で変化したい人限定セミナー随時開講中!!
マインドサポート各種セミナー・心理カウンセラーメンタルコーチ養成講座
カウンセリング・コーチングのお問い合せ・お申込み・詳細ホームページ
スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。